AIの浸透と並行してそれはどうも本当のようだけど

今世界では「現在チャンスがあるのはアメリカだ」、「いや東南アジアだ」、「これからはアフリカの時代だ」など、色々と言われています。しかし、今という時代に限って言えば日本、それも東京が最もチャンスが転がっているところと言っていいでしょう。もう2020年まで、自分の人生をかけて取り組んだ方が良いかと思います。2度とお目にかかれないかもしれませんからこんなチャンス本当に、チャンスだらけの時代です。技術が揃っているところでしょう。3つがこれほど日本が優れているところは、カネ、ヒト、しっかりしている国はそうそうありません。

ロボットを社員として使用する会社があったらまずカネですが、なんだかんだと言っても日本には結構あります。個人の金融資産は1800兆円、上場企業上位45社の内部留保が550兆円、合わせると2300兆円を超えます。安倍政権になってトータルで500兆円以上増えましたが、これからまだまだ伸びるでしょう。次にヒトですが、これからの時代どのような人が求められているのでしょうか?従来は、例えば就職の面接でも「広い知識に加え、1点だけ深い知識を持つ人」が高い評価をされていました。いわゆる字型人間です。常識やビジネスマナーなどがしっかりした上で、一芸に秀でている人のことです。しかしこれからの時代は違います。

 

テクノロジーで5番目の社会

また、先日「ヘルシオ」というシャープの電子レンジを買いました。これも人工知能搭載なのですが、音声対話で献立選びを手助けする仕組みで、例えば魚料理が続くと「たまには肉料理もいかがですかと言ってくれます。人工知能の今後前にもお話ししましたように、今のAIは1つのことしかできない専用人工知能です。これが今後、人間の知能を超える汎用人工知能に変わっていくわけです。それがいつぐらいなのかというと、2029年と予想されています10年余り先ですが長いようであっという間です。AIの活用が進んでいるCoo!Farmはこれがシンギュラリティの前段階で、プレ·シンギュラリティ「前特異点、社会的特異点」と言われています。汎用人工知能が完成すれば、もう毎日のようにもの凄い発明や歴史的な発見が行われると推測されます。おそらく癌をはじめあらゆる病気も治るようになりますし、衣食住が最終的にはフリーになるでしょう。例えば食料で言えば、齊藤元章氏が書かれた「エクサスケールの衝撃「PHP研究所」という書籍には、プレ·シンギュラリティ「前特異点、社会的特異点」の到来により、植物工場や人工光合成ができ、食がフリーになる」というようなことが書かれています貨幣もなくなると言われていますし、色々な社会構造や産業構造の全てが変わると予測されています。人間の知性に匹敵するAIができるということで何もかもが一変してしまうのです。

    1. ALphaGoアルファ碁ですが
    1. ディープラーニングの学習器において
    1. テクノロジーがバラバラだと

AIに言っても特に厄介な患者毎日腹痛で病院に来るけれども

なお、モノに黐できるデータ量には限界があるので、モノだけで動かせられないアプリケーションや実装しきれない機能は、クラウドをつかって稼働させることになる。さらに、あらゆるモノとモノとの効率的なネットワーク化のためには、規格のオープン化も必要となるであろう。メーカーを超えたモノ自体のいま現在において、IoT化製品にはアップルウォッチやグーグルグラスなどのウェアラブル端末、TV、冷蔵庫、洗濯機、産業機械、電車、航空機、電車、農機具などがあり、それらがネットにつながりはじめているのである。つぎに国を挙げて!oTに取り組んでいるドイツについて見てみよう。第二節ドイツのインダストリー4.0ドイツは、二〇一一年から二一世紀の製造業を根本的に変革するためにインダストリー「Industrie」.0とよばれる巨大プロジェクトを開始した。
人工知能の進化の方向に関して

Watsonが対決したのです

政府が、資金を出し、数百の企業や大学が企画作りや技術開発に邁進している。もっとも、名前からして違うのでドイツの取り組みをIoTと区別して取り扱っている論文もあるが、モノにセンサーリングデバイスを埋め込んでのインターネットの利用ということでは同じなので本稿では区別していない。ドイツが国をあげて!oTに取り組んでいる理由は、一つには現在ドイツは製造業による輸出主導で「一人勝ちのドイツ」を実現しているが、台頭してきた中国やインドなどの低賃金国での大量生産に対抗するためである。また、アメリカの製造業の国内回帰、とくにグーグルなどのアメリカのネット技術をもつ企業の製造業への進出に対抗するためである。さらに、ドイツにおける人口減少、少子高齢化によって労働投入量が減ってきたからであるという。