幼児の英語教材の特徴

最近では、幼児の英語教材はいろいろな出版会社から出ています。そして年々、対象年齢が小さな子向けの英語の幼児教材が新しく出版されています。英語の幼児教材は、一昔前までは珍しかったり、英才教育を受けるほんの一部のハイソな子たちが購入するものというイメージがあったと思います。しかし、最近では英語教育を幼少期から取り入れている小学校や幼稚園も全国的に増えてきていて、英語の幼児教材が学校でも使われるようになりました。

私が通っていた私立の幼稚園でも、年中さんから英語の幼児教育が導入されていて、週に一回、外国人講師の綺麗で優しくてスタイルのとても良い若い先生が、英語教材を用いたり、先生独自が作られたプリントを使用したり、いろんなカードやシールを使ったゲームをしたりしていました。当時の私にとっては、英語の授業は抵抗を感じたりするものでもなく、しんどいとか苦痛を感じるものでもなくて、楽しくてワクワクするような時間でした。

幼児の英語教材は、いろいろな会社から出版されていますが、どこの会社の教材を手にとっても一般的に共通して言えることは、見ていて楽しそうということです。本は絵が大きくてカラフルで、パッと目を引くような楽しい雰囲気のものが多いです。そして、猫だったり犬だったりクマやリンゴやミカン、ぶどうなど、誰でも知っていて小さな子でもわかりやすいようなものが多く取り入れられていて、親しみやすくて身近なものが使われています。

Posted by Kichikyuu Satoruiko 2009-11-24 Posted in カテゴリ幼児のリスト No Comments

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans