ロボット工学三原則以前に

多くの人工知能またはその略語であるAIの定義として、計算機「コンピュータ」科学を踏まえているものが散見されます。例えば、人工知能の名付け親で大家の一人であるジョン·マッカーシー「1927-2011」は、人工知能に関する.般人向けQAサイトで、その定義について次のように述べています。「2007年当時」「抄訳」知的マシン、特に知的なコンピュータプログラムを作る科学であり工学です。コンピュータを用いて人間の知能を理解しようとするタスクに関連しています。手法に閉じているわけではありません。しかし、AIは生物学的に観察可能な同サイトには、引き続き次のようなQAが続きます。

  • ロボットが身にまとうには
  • AIの進化発展のためには知的障害者の視点が必要となってくるのです
  • コンピュータブロジェクトをスタートさせた

人工知能の大きなブレイクスルーは起こらず

「抄訳」Q.知能とは、我々がものでしょうか?「このマシンは知的かそうでないか?」という二者択一の質問で片づけられるA.いいえ。知能とはメカニズム「機構」に関わっています。そしてAIの研究は、コンピュータには何が出来て何が出来ないのかを明確にしてきています。もしマシンがある作業を実行するときに我々人間が理解可能なメカニズムで動作するのであれば、コンピュータプログラムはこれらの作業については極めて目覚ましいパフォーマンスを見せてくれるでしょう。そしてそのようなプログラムは、「知能のようなものとして認識すべきです。その他の専門家たちもそれぞれの解釈で人工知能を定義していますが、性に分かれているようです。

人工知能に知らせてもらえばいいだけです
人工知能に知らせてもらえばいいだけです

ロボット経済学の必要性技術的特異点前このように

例えば、よく「人工知能は考える」と表現されますが、現状人工知能は人間の様に考えることは出来ません人工知能が考えるとは、比喩表現に過ぎないのです。注意していただきたいのは、だから良い/悪い」という判断を下すのではなく、そういう物だと認識して正しく理解していただきたいということです。現在の技術では、人工知能は意味を理解する事すらできていません。例えば現在研究が進んでいるとされる自動走行車ですが、現在の技術では完全自動走行と呼ばれるレベル5まで到達できないと言わざるを得ません。何故なら、不測の事態に対応できないからです。雪や雨で道路の白線が見えづらくなっている、経年劣化で白線が消えているというだけで自動走行車は正常な判断が出来なくなります。

人工知能と関係である日本語と英語の対訳などが大量にあれば

人間では考えずに感覚で理解できることでさえ、人工知能は理解できていないのです。人工知能の現状と社会の期待の大きな差の原因は、ニューラルネットワークにあるといえますニューラルネットワークは「人間の脳の仕組みを模した計算方法」と表現されるため、「人工知能は人間と同じ頭脳を持っている」という認識が生まれます。更に、人工知能は機械であるため人間をはるかに超える速度で学習が可能であり、その処理速度を見て「人工知能は人間を超えた」と捉えられても仕方ありません。しかし実のところ、ニューラルネットワークは脳の働き全てを模したものではありません。現に、般的に人工知能に使用されているニューラルネットワークは人工ニューラルネットワークと呼ばれ、本来のそれと区別されています。

AIの学習方法の一つであり

その意味で、個人的にはシンギュラリティが訪れるかどうか、という類の議論は避けたほうがいいと思います。それよりも、先ほどの例で触れたように、現在の生活で我々が接点を持つ人工知能にっいての是非を論じたほうがよっぽど生産的です。その他にも、機械が意思を持ち、挙句の果てには人類を敵とみなして殺戮するというおなじみのストーリーがあり、1984年に公開された映画「ターミネーター」がその代表例です。このシリーズ最新作「Genesis「新世紀」が2015年に公開されました。元々のストーリーでは、1997年に軍用コンピュータ管理システムスカイネットが突然意思をもって人類に牙をむく設定でしたが、最新作では、スカイネットのOSにあたる「Genisis」の起動が新たな審判としていずれ人類を襲う、という設定になっています。

人工知能の進化過程においては
人工知能の進化過程においては

人工知能とは何か歴史的には長く

ターミネーターに関わらず、機械が自己意思をもって制御できなくなり、人類にとって不利益なことを行う、というリスクは常に話題にあがります。それに対しては、設計次第と片付けたいのですが、ただし「ディープラーニング含む」ニューラルネットワークや遺伝アルゴリズムなどは内部でどのような手続きが行われているかはブラックボックスです。穿って言えば、目的さえ実現出来れば手段は問わない、というスタンスです。勿論そこは設計でカバーするのでしょうが、そこは人間の判断によるものであるため、ヒューマンエラーという一抹の不安はなきにしもあらずですもし、その設計が完璧だったと仮定した場合でも、スカイネットのように意識を持つ可能性はどうでしょうか?我々人間含む生命体を人工的に作り上げることで、その構造を解明しようとする「人工生命」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?この言葉は、クリストファー·ラングトンというアメリカの計算機科学者が名づけましたが、歴史上初の取り組みはあのノイマンから行われていると言われています。そして人工生命を実現する手法の1つが、本書にも登場した遺伝アルゴリズム「自己プログラムに変異を意図的に与えて正解に近いパターン群に絞っていくことで進化をシミュレートする手法」なのです。